カンタン解説! 改正介護保険 -2018-19介護保険法改正内容に準拠-

2025年問題をにらみ前回の改正で大きく動き始めた介護保険制度。 今回の改正ではその流れをさらに推進すべく、 「地域包括ケアシステム」を軸にさまざまな策が講じられています。 大転換期を迎えた介護保険は今後どのように整備されていくのか? 最新情報から介護保険のあらまし、利用法のイロハ、 料金の目安まで、見開き構成でわかりやすく解説しています。
2018年度施行の改正介護保険法に準拠。介護関連の国家試験に向けたサブテキストとしても最適です。


[監修者プロフィール]

土屋昭雄 群馬医療福祉大学短期大学部医療福祉学科教授。1969年静岡県静岡市生まれ。帝京大学経済学部・皇學館大学社会福祉学部卒業、皇學館大学大学院社会福祉学研究科修士課程修了、国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科博士課程単位取得満期退学。民間企業勤務後、特別養護老人ホーム介護職員、介護系専門学校専任講師を経て現職。現在は、社会福祉士・介護福祉士の受験対策、介護職員初任者研修等の講師も務める。これまでに、社会福祉士、介護福祉士国家資格を取得。


[監修]土屋昭雄 
[編著]厚有出版編集室
B5・200ページ
2018.7発刊


販売価格 2,160円(税160円)